『鐘』について、個人的な回想



 最初にこの曲を、浅田選手の滑りとともに見たとき、なんだかよくわからない、暗い曲だと思って、こんなでいいのかと思った。

 ただ、そのときの滑りを解説していた佐藤有香さんが、とてもポジティブなことをおっしゃっていたので、これはこれでいいのかも、と思った。

 その後、エレクトーン用の楽譜を手に入れ、練習しているうちに、魔力があるというか、私がこの曲にひきつけられてしまった。それでなんとなく、「この曲を選ぶのもわかるなぁ」という気持ちになった。

 
 そして結果、"鐘”は鳴り響いたと思う。作者ラフマニノフの故国ロシアの人達の評価がとても高いのが、表現力にたいする何よりの評価だと思う。


 私の練習は、数小節分でとまっている。浅田選手が流した汗の百万分の1ぐらいでも傾けないと・・・。



   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック